Tools

フランス額装で使う道具をご紹介します。

  《のり》
〔L'eclat de Verre〕フランス製の額装用の中性のりです。のびがよく使いやすいです。
木工用のりでも代用することが出来ますが、すこし水でうすめて使うほうがいいでしょう。
 水張りテープ  《水張りテープ》
ガラス・マット・作品・裏板をまとめて綴じるパッケする時と額縁にはめ込んだ後に
裏面を綴じる本額装仕上げにするとき使用します。
 マットボード 《マットボード》
マットを作るときにミューズマットボード、1ミリ・2ミリ・3ミリを使用します。
コットンで作られたマットで、作品の酸を中和する働きがあるので、シミ、カビを防ぐことができます。
化粧紙 《化粧紙》
キャンソン・ミタント,マーメイド,ミューズコットン,和紙を主につかいます。
いろいろな色があるので、選ぶのも楽しみの一つです。
厚さが薄すぎる紙はのりを貼るとしわが出来てしまうことがあります。
厚すぎる紙は、折り返して貼るとき折り目がつきにくく貼りにくいことがあります。
スキバルテックス ビニールでできたクロスです。表面は型押しがしてあるので、高級感がでます。
カッターナイフ 《カッターナイフ》
OLFAカッターの大きい方が使いやすいです。
 OLFA45°カッター 《OLFA45°カッター》
斜断面を入れるとき便利です。
  コンパス 《コンパス》
マット幅を図ったりするときに使います。シャープペンタイプのものの方が正確にできます。
 三角定規 《三角定規》
45°,直角が必要です。
 目玉クルップ 《目玉クルップ》
出来上がった額装を押さえるときに使用します。
 ヘラ  《ヘラ》
のりを貼った後に紙をなでるときれいに貼れます。
紙を折りやすいようにする時にも使います。プラスッチック製、裁縫用でも使えます。
 刷毛  《刷毛》
豚毛で固めのもの 3センチ幅ぐらいが使いやすいです。
 
 《ローラー》
大きい面にのりをつけるときに使うと、薄く、まんべんなくつくので、きれいに貼れます。
 計算機 《計算機》
ミリ単位で計算をする時に使います。
暗算でもいいのですが…つい使ってしまっています。 
  リング  《リング》
額装を引っ掛けるアノーです。手芸用の9ミリ位のOカン、Dカンです。
 リボン  《リボン》
アノーをつけるときに使用します。
手芸用の綿テープでも大丈夫だけど麻リボンがしっかりつけることができます。
 額縁 《額縁》
中に入れる絵や写真 モノによって大きさ 色、厚さが決まってきます。
最近はガラスよりもアクリル板が入って売っているものが多いです。
アクリル板だとちょっとした衝撃でも割れることがないので安心です。
UVカットアクリル板だと光や退色を防ぐことが出来ます。  
 定規 《定規》
50センチぐらいで厚みのあるもの。片側にエッジがあり、裏側に滑り止めがあるアルミ製。 
 カッターマット  《カッターマット》
大き方が使いやすいです。
 直角定規 《直角定規》
90°は大事です。15センチと30センチぐらいのもの 
小鋲とかなづち 《小鋲とかなづち》
裏板と額縁をおさえる時に小鋲を打ち付けます。よりしっかりと固定されます。
その後上から水張りテープを貼り付けます。
Gold Finger 《Gold Finger》
〔DALER ROWNEY社〕名前の通り指で塗る油性の絵具。額縁に塗ると光沢が出てきます。
お気に入りはCopper とSovereign Gold 
 スチレンボード  《スチレンボード》
マットの間に入れて高さを出すとき、7ミリまたは5ミリをよく使います。 

トップ


自己紹介


道具のご紹介


ギャラリー


ブログ


お問合わせ